Before dawn... ✴︎夜明け前の静かなこころ✴︎

もっと心地よく、もっと自分らしく、もっと軽やかに...Just follow your bliss✴︎・

【丑三つ時の訪問者】大切なのは強い心とその持ち方 #霊障 #金縛り

f:id:william-s:20201120142717j:image

 

 

今回は見えない世界のお話なので苦手な方はここで引き返してくださいね☺︎

 

 

 

少し前の話になりますが、恐ろしいエネルギーを放つ訪問者の影響で安心して眠れない日々が続いていました。

 

 

その訪問者は、決まって夜にやってきていました。

 

 

 

その訪問者が去って時間を確認すると、時計はいつも決まって2時〜2時30分の間で、『またこの時間か...』と1人つぶやく私。

 

訪問があったあと、恐怖で目をギンギンに開き辺りを警戒する私に気がついた旦那さんが目を覚ましたので『また来たの:(;゙゚'ω゚'):』と説明。

 

そして旦那さんにしがみついて寝る私 ←完全に私がホラー

 

 

ふと、昔母が丑三つ時はオバケが出る時間と言われていると言っていた言葉を思い出し、

 

 

丑三つ時とは何時のことを指すのだろうかと調べてみたら、2時から2時半をさすと書かれており鳥肌が。

 

 

f:id:william-s:20201120092818j:image

 

西洋でもスピリットが一番活発になる時間が1時から3時と言われているようです。

 

怖さを煽る情報やーめーてー!

 

 

ある晩、とても恐ろしいことがありました。

 

 

訪問者は突然、夢を使って私を起こしてきたのですが、起き上がると旦那さんの携帯から音がしていました。

 

f:id:william-s:20201120094855j:image

 

以前電子機器の音を使った怪奇現象を経験したことがあったので実際に誰かからの着信で鳴っているのか、それとも違う者の仕業なのかを確認しようとした瞬間

 

暗闇の中からこちらにヌーーっとすごいスピードで移動してきて

 

さらには顔をぐーッと近づけてきて低い声を発してきました。

 

f:id:william-s:20201120090429j:image

 

捕まったら絶対にひどい金縛りあい、動けなくなると一瞬で察し

 

怖すぎて私の息を吸い込む音がヒー!っと悲鳴みたいになりながらも (今冷静に考えたら爆笑)

 

とっさに横に寝ていた旦那さんの胸元にひっついて、彼の腕を自分の体に巻き付けるようにしました。

 

 

この時すでに左の太腿だけ金縛りになりかけていたのですが、訪問者が去ると同時にとけました。

 

 

ちょうど首を負傷中で激痛だったのですがそんな痛みに構っていられないほど必死でした。

 

そのエネルギー(訪問者)が去ったあとも心臓はバクバク。

 

私の下手っぴな文章だと怖さが伝わらず悔しいですがw

 

あまりにも恐ろしくてその後は朝方まで眠れませんでした。

 

かなり怖いエネルギーを感じてしまった私は『もうこれは私は自分を守るなにかを考えなきゃ身が持たない!私の精神を強く持つことと、そしてサポートを素直に得よう』と判断。

 

 

これまで目を背けて来た見えない世界との繋がりを

再び純粋に繋げていくことを決めました。

 

 

それと同時に、人や物からのサポートも受け取ることにしました。

 

 

これまでなんとなく使ってきた物は真剣に使い、使ったことない物はともかく試してみることに。

 

 

不思議なことにオーダーしたアイテムは土日休みや祝日だったにも関わらず即発送され、まるで私に急いでレスキューが向かってくれているかのよう。

 

本当にびっくりするほどすぐに手元に届きました。

 

 

 

旦那さんには全てを話したのですが、

 

その日から3日間、旦那さんは午前2時前の訪問者が来る前に起き、寝ている私を起こし腕に抱えてくれました。

 

なんて優しい私のヒーロー。泣

 

すると訪問者は私には近づかず、ベッドルームから出て廊下へと移動。

 

"あぁ子供部屋に行ったな"と思ったら案の定子供が大泣きで起きる、という展開に。

 

私が思うに末っ子ちゃんは私と同じような力がある気がしています。

 

 

私は毎晩プロテクションになるといわれているアイテムをしっかり信じて使ってみたり、人間性や考え方も尊敬している本物のミディアムの方の本を読んだりしながら、心の持ち方を学んでいました

 

そういった努力は徐々に効いてきたようであの訪問者は私には何もしなくなりましたが、

 

子供の部屋に行くようになってしまい子供が2時から2時30分の間に起きるように..

 

それはそれで問題なので、落ち着くまで全員で同じ部屋で寝ていました。

 

 

ちなみに昨夜は久しぶりに朝まで子供たちも起きずに平和な夜でありました☺︎

 

 

あの訪問者だけは顔も声も全てのインパクトが強すぎて、私は恐怖でかなり縮こまってしまっていました。

 

正直、今でもあの低い声が耳の中に残っています。

 

でもそのことをきっかけに学んだのは、いかに凜としておくことが大切かということ。

 

 

 

たとえ相手が誰であろうと、

 

たとえ、凄く怖いと感じても。

 

 

 

 

旦那さんが繰り返ししてくれたアドバイスは、恐怖を与えてくるような存在には『You're not welcome.』とハッキリと示すこと。

 

これは相手が生きてても、生きてなくても同じことですね

 

 

怖いな怖いなと思ってビクビクしていると余計に良くないことになりやすい。

 

いじめっ子を優位に立たせてしまうと、好き放題し続けるのと似ている気がします。

 

 

恐怖を与える訪問者たちには何かを私に伝えたいならちゃんと態度を改めてもらうことにします。←よっ、強気!

 

私の首の痛み(しかもこの首の痛みも霊的な体験が関係している)のせいで、私のエネルギーが弱まっていて、そういうものの波動を拾ってしまったのかも。

 

私がこれまで遭遇してきた者達は何なんだろうと考えると、やはり過去に生きていた人や今生きてる人の念、もともと人間ではないエネルギーや何か大きな守ってくれるような存在、美しい精霊のような存在、そういった者たちだと感じます。

 

私たちだってそんな存在です。

今は体という器を持ってここにいるだけ。

 

体はやっぱり魂の入れ物。

 

 

私は小さい頃からそれを感じていて、よく道端で"もし体という器が無くて魂だけで浮遊していたなら、あの人とあの人は恋に落ちたのだろうか?"などと子供ながらに考えていました。

 

恐らく、見た目や肩書きを主に恋に落ちて一緒にいる恋人をみた時にそんな疑問を持ったのだと大人になった今、思います☺︎

 

 

話がそれましたが、体は魂の入れ物。

 

亡くなった大切な人も肉体は無くなってしまっても、死後も近くにきたり私たちを見守ったりしています。

 

そして私たちの時間は無限かもしれなくて、

肉体が有限なのかもしれない。と思ったり。

 

 

 

今日も素敵な一日中お過ごし下さい✴︎

 

 

f:id:william-s:20201120142709j:image