Ellie Berry

いろんなことの備忘録

【紙袋で簡単】お洒落なブックカバー  #エコでお洒落な紙袋活用術

今日は簡単&お洒落なブックカバーの作り方をシェアします✴︎

 

f:id:william-s:20211221135230j:image

 

 

紙袋で作るのでゴミも減らせる&資源を無駄なく使えるので皆様にもシェアしたいなと、密かに長らく思っておりました。

 

作り方さえ覚えれば1分もあれば出来ちゃうので、是非最後まで見て行ってください♪

 

 

もくじ

 

紙袋で作るブックカバーの良いところ

f:id:william-s:20211220162351j:image

 

  1. 本を汚れから守ってくれる
  2. お洒落!インテリアの一部になる
  3. ゴミ減らせる/資源が無駄にならない
  4. 作るのが簡単

 

スタバ、タリーズ、カルディの紙袋は紙質的にもデザイン的にもとってもおすすめ。スタバは季節でデザインも変わるので、その辺りも楽しめます☺︎

 

我が家は普段エコバッグを持ち歩くので、紙袋をお店で頂く機会はなかなかないので、贈り物でいただいた紙袋やエコバッグを忘れた日にもらった紙袋などをとっておいて作ります。

 

あとは海外に行った時に買い物をすると紙袋に入ってくることが多いので、それでブックカバーを作るのもオススメです。海外のものはデザインがお洒落なものばかりなので、思い出とともにインテリアにもなってくれていいですね✴︎

 

スタバ、タリーズ、カルディなどの紙袋はブラウンがベースになっているので、それらで作ったカバーをつけた本が本棚にずらりと並ぶと本当に可愛いです☺︎

 

 

個人的にブックカバーが好きな理由がもう一つ。

公共の場での待ち時間や移動時間に、どこで本を開いてもどんな本を読んでるのか誰からもわからないというところ。マニアックな本読んでるからな( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

さて早速作り方を写真と共に載せていきます。

 

ブックカバーの作り方

f:id:william-s:20211220193740j:image

1. まず紙袋を用意します。

 

f:id:william-s:20211220163421j:image

2. 大抵の場合、持ち手の部分の内側がこんな感じに作られているので、この部分を優しく剥がしていきます。⚠︎勢いよくやると表面まで剥がれて穴が開くので優しく剥がしてあげてください

 

f:id:william-s:20211220163616j:image

 

両側の持ち手を外します。

 

f:id:william-s:20211220163702j:image

3. 中敷きがあれば中敷きも取り除きます。

※中敷きがグルーで引っ付けてある紙袋もあるのでその場合は優しく穴が開かないように外してあげてください。

 

f:id:william-s:20211220164045j:image

持ち手と中敷きはサヨウナラ。

 

f:id:william-s:20211220163845j:image

 ↑持ち手と中敷きを外した状態の紙袋本体

 

 

f:id:william-s:20211220163933j:image

4. 底の部分を剥がして開いていきます。

 

 

f:id:william-s:20211220164027j:image

5. 紙袋は1枚の紙でできているので、必ず四隅の中のどこかに重なって貼りつけられている部分が一部あります。そこを見つけてゆっくりと剥がしていきます。

 

f:id:william-s:20211220164516j:image

ここは大抵グルーでしっかりと作られているので、ゆっくりと。

 

f:id:william-s:20211220164544j:image

6. 剥がして広げると一枚の大きな紙になります。

こんなに大きな一枚の紙だったのかと驚きます。

 

f:id:william-s:20211220164809j:image

7. 広げた紙の上にブックカバーをつけたい本を置いて、どの部分をブックカバーに使うのかを定め、本の上下にあたる部分3〜4cm残して、ハサミで切り落とします。⚠︎この部分が無いとブックカバーとして役割を果たせないものができてしまうので、必ず3〜4cm残すことを忘れないでください⚠︎

 

f:id:william-s:20211220164916j:image

ちょきちょき。

 

f:id:william-s:20211220165404j:image

↑こんな感じ。

 

 

 

f:id:william-s:20211220165619j:image

8. 内側に当たる面に本を置いて、横の長さもカットします。表紙に折り込む部分が短いとブックカバー自体が外れやすくなってしまうので、私は長めにとることをおすすめします。(本の大きさにもよりますが、左右とも本の長さプラス5cm〜7cm残すとしっかりしたカバーが作れます)

 

↓左右を本の内側にこのように折り込むので、この写真くらいの幅をとってあげると、全く外れない快適なブックカバーになります。

f:id:william-s:20211220165813j:image

横の長さをカットしたら、完成までもう少し!

あとは折って装着するのみです。

 

f:id:william-s:20211220170104j:image

9. 本の長さに合わせて上下を折ります。

f:id:william-s:20211220170321j:image

↑本のサイズに合わせて折り折り。

 

f:id:william-s:20211220170346j:image

10. 上下を折り終わったら、次は左右を表紙の内側に折ります。

 

f:id:william-s:20211220170508j:image

11. 左右の内に折った部分の隙間に本の表紙を入れていきます。

 

f:id:william-s:20211220170735j:image

スルッといれて...

 

f:id:william-s:20211220170758j:image

12. 完成!

 

f:id:william-s:20211220165813j:image

どーん!

 

f:id:william-s:20211220170842j:image

どーん!

 

 

f:id:william-s:20211220170855j:image

どーん!

 

360℃どこから見ても可愛いでしょ♡

 

ちなみに捨てた部分はこちら↓

 

f:id:william-s:20211220170955j:image

 

ゴミもだいぶ減らせます✴︎

 

 

本たちが本棚に並ぶ姿も可愛くなるので、ぜひぜひやってみてください☺︎

 

 

ちなみにこの紙袋の活用法は私の母が教えてくれたものです。どなたかのお役に立てば幸いです。